フォトアルバム

更新ブログ

« 安全衛生大会 | メイン | コスモス »

2015年10月24日 (土)

安全靴

工事現場では、安全靴を履くことは今と

なっては当たり前の事になってきました。

しかし、いつ頃からある物か解らない為、

調べて見ると、昭和22年に青木という

会社により製造された「爪掛式板裏草履」

という物が最初のようです。それまでは

草履で作業する事が主流でしたが、爪先

をぶつけたり、物を落としたり、足先部

の負傷が多くありました。そのため、鉄

板をハンマーで叩いて、カマボコ状にし

たものをネジ止めした物が考えられ、鉄

鋼・造船各社で使用されたそうです。そ

れからだんだんと進化し、現在に至るよ

うです。

工事部 石田卓也

Ishida2

Hist031

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.kazelog.jp/t/trackback/523244/33620317

安全靴を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。