フォトアルバム

更新ブログ

« 2019年6月 | メイン

2019年7月の18件の投稿

2019年7月21日 (日)

若手社員の勉強会

月に一度、若手社員の勉強会があります。

前回の勉強会では、4月からの3カ月間で

成長した点は何か、という話がありました。

仕事で成長できた点を、あらためて見つめ

直すことで、モチベーションが高まります。

やりがいを感じ、いい仕事ができるように、

がんばります!!

工事部(資材班) 市川寛樹

Staff_ichikawa_hiroki2

 

 

2019年7月20日 (土)

今年と昨年

今年は7月に入ってからも雨の日が続き、

なかなか晴れる日がありません。昨年を

思い返すと、この時期はすでに35℃近い

日が続き、体が動かず、現場が思うよう

に動かなかったことを思い出します。今

年は涼しいので、動きやすく、ありがた

いです。今年は昨年のように暑くなりす

ぎないことを祈るのと、蒸し暑い日はあ

るので、熱中症には十分注意していきま

す。

工事部 前原慎

Staff_maehara_shin

2019年7月19日 (金)

白いアジサイ

この季節、雨が降り続き憂鬱な気持ちになり

がちですが、白いアジサイを見ると、癒され

ます。下の写真は、渋川インターのそばにあ

るアジサイです。毎年不思議とこの季節にな

ると、渋川方面の仕事が入るので、このアジ

サイを見ることができます。これも何かの縁

ですかね。つい写真を撮ってしまいます。も

うすぐ梅雨明けだと思いますので、アジサイ

を見て乗り切りたいと思います。ちなみに花

言葉は「寛容」だそうです。

工事部(資材班) 諏訪和義

Staff_suwa_kazuyoshi

15627967883352

 

2019年7月18日 (木)

力を借りる

先日、お客様より『職人さんの対応が非常によく、

感動した』とお褒めの言葉を頂きました。

改めてではありますが職人さんの技術・知識を

お借りして初めて、良い仕事が出来るのだと感

じました。

リフォーム部 相川健

Staff_aikawa_ken

 

2019年7月17日 (水)

キッチン交換

市内のお客様でキッチン交換工事を施工させて

頂きました。初めはキッチンの床が傷んでしま

い、床改修だけを行う予定でしたが、最終的に

システムキッチンの入れ替えもして頂きました。

以前のキッチンは、長年大切に使用されていら

っしゃいました。入れ替えたキッチンは、収納

力がアップして作業スペースも広くなりました。

壁紙も貼り替え、明るいキッチンとなりました。

リフォーム部 田中美知子

Staff_tanaka_michiko3_trimmed

Dsc_11622

 

2019年7月16日 (火)

網戸フェア

今月の6日に会社にて網戸フェアを行いました。

今年は日中ずっと曇りだったので、

作業するにはもってこいの天気でよかったです。

たくさんのお客様に新品のように綺麗に

なってよかったと言っていただけました。

リフォーム部 越田裕紀

Staff_koshida_yuki

201907162

2019年7月14日 (日)

トイレ床修理、便器交換工事

トイレの床(クッションフロアー)

下にシミが出ているとの事でお問い

合わせを頂きました。

床の排水の、つなぎ目のフランジ

部分が劣化していました。

下の部屋の天井にも、シミが出てい

ましたの、合わせて工事となりました。

30年前としては、しっかりした工事を

されていましたが、経年変化で部品が

傷んだようです。

これから、また快適にお使い頂けそう

です。

ありがとうございます。

リフォーム部 安藤金光

Staff_ando_kanemitsu

Dscn95652

2019年7月13日 (土)

板金屋根工事 立平葺き

富岡市内のお客様宅で屋根の補修をさせ

て頂きました。以前はコロニアルの屋根

でしたが、軒裏に雨水が回ってしまい、

補修をしたいという事でした。板金屋根

の立平葺きをお勧めして屋根の段差は板

金処理をして納めました。破風板部分も

板金を巻いて仕上げて、きれいに仕上が

りました。

リフォーム部 田貝洋興

Staff_tagai_hirooki

201907132_2

2019年7月11日 (木)

風呂の残り湯を洗濯機に給水!!

我が家では、お風呂の残り湯を洗濯に再利用

しています。以前は洗濯機に付属していた蛇

腹ホースでやっていましたが、今回は浴槽に吸

い込み口を取付て床下から壁の中を通って直接

洗濯機に給水できるシステムにしました。

しかし吸い込み口がやや上のほうに付いている

ため、7㎝くらいお湯が残ってしまいます。

そこで塩ビ管で下の方まで吸えるように自作・

改造してみました。

工事部 高田誠

Staff_takada_makoto

Kimg03462

2019年7月10日 (水)

梅雨

みなさんこんにちは、津金です。

さて、突然ですが梅雨という漢字は、なぜ梅に

雨と書くかご存知でしょうか?

実は梅雨という言葉は日本で生まれた言葉では

ないのです。日本では五月雨(さみだれ)とい

う言葉が使われていました。旧暦で五月に降る

雨だからです。

梅雨(ばいう)というのは中国で生まれた言葉

で、最初は霉雨という漢字でした。「霉」という

漢字は、日本でいうところの黴(カビ)です。

しかし、あまり印象が良くないということで、

梅雨になりました。その理由としてはちょうど

梅が熟して収穫する季節だからでしょうね。

(梅雨の由来は諸説あります)

工事部(大工見習) 津金利空

Staff_tsugane_riku