フォトアルバム

更新ブログ

« 笑顔の写真 | メイン | ソーラー人感センサーライト »

2020年3月21日 (土)

新型コロナウィルスの活性持続時間

米国の国立衛生研究所から、新型コロナウィルス

の活性が持続する時間について発表がありました。

・空中の微粒子(エアロゾル)状態:最大で3時間

・銅の表面:最大で4時間

・段ボール表面:最大で24時間

・プラスチックの表面:最大で3日間

・ステンレス鋼の表面:最大で3日間

※ここでいうエアロゾル状態とは、密閉された空間

 に多数の人が存在し、近距離で会話・発声している

 状況を想定した実験設備での話です。実際の状況で

 同じ結果になるかどうかは、今後の研究によります。

研究開発室 渡辺雅彦

Staff_watanabe_masahiko

20200317covid192

Coronavirus_silya2

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.kazelog.jp/t/trackback/523244/34204690

新型コロナウィルスの活性持続時間を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。