フォトアルバム

更新ブログ

« 感謝の気持ち | メイン | 物干し »

2013年5月26日 (日)

放射線漏れ事故

茨城県東海村の加速器実験施設で放射線漏れ

事故がありました。被ばく者は現在30人で、

加速器の実験でこれだけ多くの方が被ばくし

た例はないそうです。被ばく線量は少ないと

のことですが、問題点がいくつか指摘されて

います。

一つは、警報がなったにもかかわらず、リセ

ットボタンを押して実験を続けたことです。

もう一つは、県への報告が1日半もかかった

ことです。また、被ばく線量が少ないから実

験を続けたとのことですが、そもそも通常の

400倍のビームが対象物の金に照射された原

因自体がよくわかっていません。この様な事

故は「想定外」のため、換気扇には放射線フ

ィルターがついておらず、結果として外部に

漏れだしたのだそうです。

日常の「流れ」で仕事していると、ついつい

似たような状況になりがちです。一つ一つの

影響は少なくても、たまたま条件が重なると

重大事故になりかねません。

          経理総務部 渡辺雅彦

Top_img03as

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.kazelog.jp/t/trackback/523244/31570189

放射線漏れ事故を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。