フォトアルバム

更新ブログ

« 合同企業説明会 | メイン | 上海高層ビル「キッチン3点セット」 »

2013年9月21日 (土)

火打ち

建物の骨組みの中で、二つの木材を組み合わ

せて角を作る場合、その歪みを少なくするた

めに取り付けられるものを「火打ち」と言い

ます。木に対して「火」という言葉か使われ

ていて、あまり良いイメージではないと思い

ます。そこで調べたところ、火打ちで連想さ

れる「火打石」に行きつきました。

火打石と打ち合わせて発火させる道具のこと

を火打金(ひうちがね)といいます。火打金

は鋼鉄製で三角形をしており、その形が似て

いることから来ているようです。ちなみに、

衣服の脇の下を補強する三角布も火打ちとい

います。また、風水でも木と火の関係は、木

生火といって大変良好なもののようです。

           工事部 石田卓也

Image6

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.kazelog.jp/t/trackback/523244/31862753

火打ちを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。