フォトアルバム

更新ブログ

« 2017年9月 | メイン | 2017年11月 »

2017年10月の31件の投稿

2017年10月31日 (火)

ボードカンナ

皆さんこんにちは。下山です。

今回も自分がよく使っている道具を紹介したいと

思います。それは「ボードカンナ」です。「面取り」

ともいいます。この道具は、クロスを貼る前の下地

をきちんと平らにしておく大事な作業に使います。

クロス屋さんに迷惑がかからないように、きちんと

平らに仕上げるように心がけています。

工事部(大工見習) 下山豪

Photo

 

2017年10月30日 (月)

あかり取り

先日、リフォーム現場で屋根から太陽光が入

るように、トップライトを作りました。普通

ではガラスのサッシを使うのですが、今回は

透明な瓦を使いました。外から見ると一見解

らないのですが、しっかりと光を取り込んで

くれます。

工事部 石田卓也

Ishida2_2

0152

0162

2017年10月29日 (日)

「垂れ桑」~街中で発見!!

久しぶりに富岡の街中を歩き、成人になってから

初めて富岡製糸にも行きました。その時発見した

のが「垂れ桑」です。モミジや桜などは有名です

が、桑まであるとは知りませんでした。

工事部 高田誠

Takada2

Kimg00812_3

 

 

2017年10月28日 (土)

天気予報

みなさんこんにちは、津金です。

最近は雨ばっかりでなんとなくイヤーな感じ

な日が続いていますがいかがお過ごしでしょ

うか。

今日は雨についてのちょっとした豆知識を紹

介したいと思います。みなさんは雨粒の形っ

てどんな形をしてると思いますか?大体の人

がナミダ形だと思ったのではないでしょうか。

実はまんじゅう形なんだそうです、落下時空

気の抵抗によって雨粒は平らなまんじゅうの

形になるそうです。ちなみにですが、雨女雨

男が集まる日本雨女雨男協会というのがあっ

たり、天気予報の電話番号177はいい天気に

なれなれの語呂合わせなんだそうです。

工事部(大工見習) 津金利空

Photo

Img_28812

2017年10月27日 (金)

『業者さん旅行』

18日~20日に取引のある業者さんの旅
行へ行ってきました。行き先は、高知・高
松です。四国に初めて行く方が多かったで
す。
高知城やかずら橋、善通寺、金刀比羅宮な
どを観光しました。普段は真剣な眼差しで
仕事をされる方も旅行の間は、笑顔が満載
でした。
今後もどうぞよろしくお願い致します。
経理総務部 都丸貴志

Img_0408

2017年10月26日 (木)

浄化槽設置工事

合併浄化槽を埋設している様子です。

ベースコンクリートに浄化槽を据え付け、浄化

槽本体に水を張って水漏れの確認を行った後の

工程で、山砂で埋め戻しをしているところです。

ホースで水を流し込み、山砂を水締めしていま

すが、突き棒などでさらに突き固めます。

浄化槽の周囲には矢板が施工され、土砂の崩壊

を防止して作業を進めています。

工事部 岩渕 敏広

Iwabuchi2

Dsc009452

2017年10月25日 (水)

台風

日曜日から月曜日にかけて、台風21号の影響

で群馬でも激しい雨、風になりました。

現場でも台風に備えて資材の養生、現場整理を

行いました。

台風が去った後も現場確認を行って近隣に飛び

散っている物がないか確認して回りました。

工事部 福千恵美

Fuku2

2017年10月24日 (火)

屋根工事

A様邸の屋根工事が完了しました。

物置の瓦屋根が雨漏りするようになり、内

部の天井を見上げると、光がさしている場

所が幾つもありました。

瓦をはがし、どろを取り除き、傷んでいた

野地板をすべてはがし取り、垂木残しで野

地板からの張り替え、ガルバリュームの鋼

板の横葺きで仕上げました。

リフォーム部 飯野弘信

Iino2b

1710162

2017年10月23日 (月)

最近の工事まとめ

①土留め・コンクリート打設工事

畑の土の流出防止のためブロック基礎で

土留めし、車の出入りをしやすくするた

めにコンクリートを打設しました。

以前は出入り口が水の流れで大きな段差

がついて車の出し入れが困難かつ側溝に

も土が溜まってとんでもない状態でした

が、悩みが解消されて良かったとのこと

です。

1710242

②ナマコ屋根葺き替え

木造物置小屋の屋根を葺き替えました。

既存のナマコにかなりの錆が出ていたので

新しいガルバリウム鋼板製のナマコを葺きました。

新品でまた長持ちしますね!

1710242

リフォーム部 宮本紘志

Jpg

2017年10月22日 (日)

カメラ搭載ドローン「Int―Ball」

国際宇宙ステーション(ISS)にこのほど、

完全自律型のカメラ搭載ドローン、その名も

「Int―Ball(イントボール)」が登場

しました。宇宙にいる飛行士と地上の科学者

とのコミュニケーションの最適化を支援する

そうです。JAXAによれば、宇宙飛行士は

作業時間の約10%を実験の撮影などに費や

しているそうです。また、飛行士の写真撮影

から、地上のスタッフへ送信するまでに大き

なタイムラグがあるといいます。ロボットを

採用することで、撮影のための雑用や送信の

遅延をなくしたいために導入されたのだそう

です。ふわふわ浮いたまま撮影するのです

ね。

研究開発室 渡辺雅彦

Photo_3

Intballcutejapanesedrone022