フォトアルバム

更新ブログ

« 2018年1月 | メイン

2018年2月の24件の投稿

2018年2月24日 (土)

朝の出来事

毎朝、会社の掃除を行っていますが、先日、

前の日風が強かったのか、庭に葉っぱがいっ

ぱいあり、みんなできれいに掃いていました。

そんな中、2センチくらいの『ハート』の形

をしている葉っぱをみつけ、思わず写真をパ

チリ!! 葉の種類はわかりませんが、なん

だかいいことありそうです。こんな些細なこ

とであっても、極寒の朝心が温まりました。

工事部(資材班) 諏訪和義

Suwa2

Kimg00302

 

2018年2月23日 (金)

『年金』

今日は語呂合わせで富士山の日です。
ところで、昨日年金委員と健康保険委員の
合同研修会がありました。議題は、年金に
ついてです。年金といっても遺族・老齢・
障害年金と多岐に渡ります。私たち会社員
がもらうものは、老齢厚生年金が主かと思
います。今後は労働人口の減少により、財
源が不足し、受給額が大幅に減少される見
込みです。そこで今から準備ができる人は、
個人年金を掛けたり、投資をして自己資金
を蓄える必要があります。何が良いかなど
は社会保険労務士やファイナンシャルプラ
ンナーとご相談ください。
先が見えているからこそ、準備をしっかり
しないと自分自身が困ってしまいますね。
経理総務部 都丸貴志

Staff_tomaru_takashi

2018年2月22日 (木)

猫の日

本日は2月22日 にゃんにゃんにゃんという

事で『猫の日』なんだそうです。ネコちゃん

を飼ってらっしゃる方で、お部屋の出入をもう

少し自由にさせてあげたい、という話をちらほ

ら聞く事があります。そんな時にオススメなの

が、通常のドアをペット対応ドアに交換するこ

とです。くぐり戸の素材は、ネコちゃんを傷つ

けない軟質系の素材で出来ていて、ロック機能

もついているので移動してほしくない時も安心

です。もし気になる方がいらっしゃいましたら、

お気軽にご相談ください。写真は社員のお宅の

ネコちゃんのらいちゃん(白黒)とムギちゃん

(茶トラ)です。

リフォーム部 越田裕紀

Koshida_snap

100222c0022

Dscn24062

2018年2月21日 (水)

富岡市木造住宅耐震診断者派遣事業について

富岡市では以下の通り、該当する方に耐震

無料診断を行っているようです。

http://www.city.tomioka.lg.jp/www/contents/1397035607254/index.html

前回記事の耐震シェルター等も補助対象とな

る可能性もあるようです。

該当の方は検討されては、いかがでしょうか。

リフォーム部 安藤金光

Andoh2

2018年2月20日 (火)

リクシルさんのショールーム

私も、リクシルさんの新宿ショールーム

に行きました。トイレ、キッチン、シス

テムバスなどの水回り商品と、窓や玄関

ドアなどの商品が数多く展示されていま

した。そのなかで玄関ドアとアプローチ

の商品がトータルコーディネートされた

展示もあり、取扱い商品が多いリクシル

さんの強みが表れているなあと感じまし

た。お客様にご提案するにあたり、参考

になる事が多く、充実した一日でした。

リフォーム部 田貝洋興

 

Tagai2

20201802sr3

2018年2月19日 (月)

ショールーム

先日、新宿にありますリクシルのショールーム

へ見学会に参加して来ました。とても大きなビル

の6、7階がショールームになっており、リクシル

の商品ほぼすべてが展示されていました。群馬では

ここまでのショールームはなく、広いスペースが

取れるため、トータルコーディネートで展示して

ありました。その為イメージもしやすく、見やすく

なっていました。中でも驚いたのは、玄関ドアの

種類の多さで、全部見るには時間がかかりそうでした。

もし、機会がありましたら見て頂きたいです。

工事部 石田卓也

Ishida2

Kimg00202

2018年2月18日 (日)

青年部会研修

大和ハウス工業様の青年部会主催の研修に参加

してきました。内容は事業継承と会社にまつわ

るお金の話です。平成30年度税制改正大綱に

よる事業継承税制の拡充や会社がピンチの時に

とる策など、なれない勉強をしました。普段

の業務には関わりがありませんが幅広い知識を

知る良い機会となりました。

工事部 高田誠

Takada2

 

2018年2月17日 (土)

大工の雑学

みなさんこんにちは、津金です。

今日は、ちょっとした大工の雑学を紹介したい

と思います。大工のイメージとしては、タオル

をねじり鉢巻きにして頭に巻き付けて、釘を口

に咥えているイメージがありますよね。

なぜそのようなイメージなのかというと、釘を

口でくわえるのにもちゃんと理由があるからな

のです。なんとなく釘をくわえていると不衛生

なように見えてしまいますが、昔の家を丈夫に

建てるうえではとても重要なことだったのです。

釘は金属で出来ているので、水に濡れると錆び

ますよね。つまりは口にくわえることによって

唾液で釘を濡らして、錆びやすくするのです。

釘が錆びることによって、打った後の釘が抜け

ないようにする工夫だったのです。

ただ釘をかっこつけてくわえてるのではなく、

昔からの知恵なのです。

工事部(大工見習) 津金利空

Photo

 

2018年2月16日 (金)

『スマイル』フェア実施中!!

社員活性化委員会が中心になって『スマイル』

フェアを2月13日~18日まで実施しています。

業務が終了した時点でその日に社内で一番

『笑顔』が素敵だった方に投票をするシステム

です。誰が一番素敵な笑顔をされていたか結果

が楽しみです。

また、毎日カウントをしています無災害記録が

2月13日で1300日を達成いたしました。

今後も記録が積み重ねていけるよう努力をし

ていきます。

経理総務部 田中美知子

Photo_2

_32

13002

2018年2月15日 (木)

バレンタインデー

昨日2月14日はバレンタインデーでした。

日本ではバレンタインデーになぜチョコを贈る

のか、その由来について調べてみました。1936

年に神戸モロゾフ製菓が「バレンタインにはチ

ョコレートを」という広告を出したことが始まり

だそうです。

その後、新宿の伊勢丹で「バレンタイン・キャン

ペーン」を開催し、女性が恋愛の主導権を握るで

あろうという時代のムードから「女性から男性へ

チョコレートを贈ること」というアイデアを提案

したそうです。ちなみにこのチョコを渡す習慣は

日本独自の文化みたいです。外国では様々なもの

を渡しますし、女性から男性へ固定しているわけ

でもないようです。私も毎年、父には日頃の感謝

の気持をこめてチョコをプレゼントしています。

普段なかなか伝えられない感謝の気持を伝えられ

る素敵なイベントだと私は思います。

工事部 福千恵美

Fuku2

201802082