フォトアルバム

更新ブログ

« ラジオ体操 | メイン | 軒天増し貼り、戸袋塗装 »

2020年7月29日 (水)

レベラー

大和ハウスさんの現場では、基礎の天端高さの
精度が高く求められます。アンカーボルトまわ
りなどの高さを見て行き、誤差が3ミリ以内に
納まるようにします。しかし、コンクリートで
そこまでの精度を出すのは難しく、レベラーと
いうものを使います。セメントに似たようなも
のですが、水が多く配合し、液体に近いもので
す。コンクリートを少し低めに打ち、そのレベ
ラーを流して高さを決めていきます。液体に近
いので、高さの精度はコンクリートより出しや
すいですが、ほぼ3ミリ以内に収める基礎屋さ
んの技術は素晴らしいです。
工事部 前原慎

Staff_maehara_shin

3

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.kazelog.jp/t/trackback/523244/34212922

レベラーを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。